2007年08月09日

あまりに咳が止まらないので、調べてみた。

 子供が日曜あたりから風邪で発熱。病院に連れて行くと、そこは小児科じゃあないから、いいかげんで、子供の病気はだいたい「風邪」と診断。(後からちゃんと小児科で検査したら実はインフルエンザだった事も。)で、今回は「扁桃腺」てことに。
 処方された薬はいつもの風邪のやつ。PLと抗生剤、咳止めシロップです。
 ナゼこの医者に行くか?この近くにあるのは、ポツンとこの病院のみ。病院しかも実家の父と飲みに行ったりする仲で。
 お年寄りばっかり診てるから、場合によっては、「心配だったら小児科行きなさいよ。」ってだいたいな感じの人。
 でも、先生には、私も子供も急患で何度か助けられている。ちゃんと外科手術ができる(はずの)外科胃腸科です。 
 
 ところで、子供の咳が今日はやたらにひどい。日増しにひどい感じで、シロップなんてほとんど効いてない。今日は、咳止めの最後の手段にとってある、ホクナリンテープを貼ったら、今は少しだけ治まっています。でもちょくちょく出ちゃう。しんどいのかころころしています。
 
 ちょっと咳を止める民間療法を検索したら、一番目にした意見が「大根の薄切り(みじん切り)などに、蜂蜜をかけて一晩(またはしばらく)置いておくと、汁が出てくるので、それを飲ませる」(分量は様々)ってのが多いです。
 それじゃあやってみようと、さっき作ってみました。本当に効くかなあ。れんこんのすりおろしとか、黒豆もあったけど、材料が無いから却下。足の親指の第一関節に糸を5・6回巻くってのが効いた人もいたなあ。
 
 実は自分自身も咳が出やすいから、気管が弱い家系かもしれません。
 咳してるの見てたら、自分までしんどくなっちまう。。。早く治ればいいのに。熱が下がらないし、しんどいのか食欲も無くって、体力も落ちる一方。
 このちびっこは、普段元気だのに2回の点滴経験があるから、病気の度に心配になる。点滴といえば、ブドウ糖だ!というわけで、ブドウ糖は常備。ブドウ糖は、ペットの文長が病気の時にもかじらせたりしてやったんですけど、常備しておくといいかも。何も食べれない時にこれだけでも口にしてたらまだマシかも。
 
 今咳がようやく治まってきた・・・。朝一度起きて、さっきまで寝て、起きたとこだのに又寝てる。眠い(睡眠)
 
 もう木曜だのにちっとも良くならないから、そろそろ違うとこで診てもらわないとだめだろうか・・・。やけに長引いてるなあ。
 
posted by セン at 13:46| マイアミ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
サイトの広告枠を売るならPitta!かんたん登録でお小遣いGET PC初心者でも安心!あなたのライフスタイルに最適なサイドビジネスを提供します。 誰にでも出来る【安心感】と【副業】というサイドビジネスの情報がここにはあります。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。