2007年08月14日

子供の熱が下がらなかったのは・・・。

 子供が1週間38℃の熱を出し、下がらなかった。
 近所の外科胃腸科で扁桃腺と診断され、風邪薬を処方されたのがちっとも良くならず、食欲も低下するばかりだったし辛そうだから、小児科に連れて行くと、まず、肺炎でないかレントゲン。結果は肺炎ではなかったんですが。。。
 
 実は病院に着いた時点で熱は37℃ちょいに下がっていたけれど、どうも熱がそう長く続くのはおかしいし、夏風邪はそんなに咳を激しくしないから、夏風邪ではなさそう。とにかく熱が・・・。
 と診断され、食欲が無いからというので
 「点滴をどうしますか?」
 マイコプラズマかプール熱の疑いが、との事で 
 「血液検査はどうしますか?」
 と聞かれました。うちの子、点滴の辛さを知っているから怖がっており、今日はしない約束で病院に来たから
 「この子は点滴は無理です。」でも
 「血液検査はお願いします。」と言うと、
 先生「採血は大丈夫なんですか?」
 大丈夫じゃないです。と答えたら、じゃあマイコプラズマにも有効な抗生剤を出しますから、それで様子を見ましょうと言うことに。
 それで、血液検査はしなくって・・・?いいのね?
 「それで、どれくらいまで様子を見ればいいんでしょうか?」
 と聞くと、その日は木曜でしたが、
 「土曜くらいまでで、もし熱が下がらないようなら、大きな病院で診てもらわないと。。。」
 と言うことで3日分の薬を処方されました。
 今ではもう咳をたまにする程度に回復。
 で、薬が効いたってことは、マイコプラズマ感染だったんだろうか・・・。
 マイコプラズマって何だかもイマイチ分からないまま。
 やっぱり、子供は小児科で、きちんと診てもらわないとだめですね。
 風邪の症状だとついつい軽く見てしまいます。
 ちゃんと、適した病院で診てもらいましょう。当たり前か。
posted by セン at 04:42| マイアミ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
サイトの広告枠を売るならPitta!かんたん登録でお小遣いGET PC初心者でも安心!あなたのライフスタイルに最適なサイドビジネスを提供します。 誰にでも出来る【安心感】と【副業】というサイドビジネスの情報がここにはあります。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。